HOME > 製品紹介 > チオ安息香酸

化成品

チオ安息香酸

(CAS No. 98-91-9)

(CAS No. 98-91-9)

(図1)
(図1)

(図2)
(図2)

●簡単、マイルド、選択的に硫黄原子を導入できます(図1)

有毒ガス発生の心配が少なく、容易に硫黄原子を導入できます。
他の硫黄導入剤と比べて副生成物を抑えることができます。

●だから、医農薬合成に最適です!(図2)

チオ安息香酸が使用されている医薬の一例を示します。

●もちろん、一般有機合成反応にも使用できます

1.一般的性質など

外観 黄褐色又は赤褐色の透明な硫黄臭のある液体または固体
化学名 Thiobenzoic Acid
別名 ベンゼンカルボチオ酸、ベンゾイルチオール、モノチオ安息香酸
分子量 138.19
CAS番号 98-91-9
化審法番号 3-1396
沸点 80~87 ℃/ 10 Torr
融点 15~18 ℃
比重 1.17 (20 ℃)
溶解性 BTX類、アルコール類に自由に混合。水には不溶。

2.規格

純度 97%以上 (ヨード分析にて)

3.荷姿

20 kg詰 20 L UN-Y PE缶
200 kg詰 200 L UN-Yケミカルドラム

4.法規制など

消防法 第4類 第3石油類 非水溶性; 危険等級 III
国連分類 液体:UN1760, Class 8, Packing Group III
HSコード 2930.90.000
TSCA 収載品
REACH 予備登録済
EINECS 202-712-9
ECL 未収載
その他 NDSL, PICCS, ASIA-PACに収載済。
  • 製品に関するお問い合わせはこちら
  • 化成品
  • お問い合わせ
  • 採用情報
ISO9001:2008(福井工場にて取得)